カブとえん麦の豆乳味噌スムージー

187Kcal/1杯分

カロリーは、「えん麦のちから」で計算。

かぶは炭水化物の消化を助ける酵素が豊富に含まれ、温かくして食べると 胃腸を温める効果が期待できます。

腹痛予防としても古来から使われる食材です。

豆乳も消化吸収がよく栄養価が高い良質なタンパク質を含みます。

血圧やコレステロールを下げる効果や脂肪の代謝を高める効果も期待できます。

えん麦との組み合わせで体の中から元気に、代謝を高める相乗効果が期待できます。

レシピ作成、コメント:管理栄養士 渥美真由美


材料(2杯分)

かぶ…80g(中くらい1個)


鶏ひき肉…80g


かつお出汁…200cc


味噌…大さじ1


豆乳…300cc


えん麦のちから…1袋


コショウ…少々


プレーン味えん麦のちからで作るのがおすすめです。

作り方

1.かぶは皮をむいて、スライスする。


2.鍋にかつお出汁と、鶏ひき肉をいれて、かぶが柔らかくなるまで煮る。


3.2味噌えん麦のちから豆乳、をミキサーに入れて、なめらかになるまで撹拌する。


4.好みの温かさに温め、器に盛り付け、コショウをふる。